新人カウンセラーQ&A


Q どんな人がキャンプカウンセラーに向いていますか。

 

A 子どもが好き、自然が好き、キャンプが好き、ボランティアに興味がある など、

その人の好きや興味が活かせる活動です。

Q 将来、先生になりたいわけではないのですが、大丈夫でしょうか。

 

A 先生になりたいという人も多くいますが、一般企業への就職をする人も少なくありません。

子ども達との触れあいや、学校の先生との関わりが多いため、将来先生を目指す人には学ぶことが多くあると思います。ただし、それだけではありません。キャンプカウンセラーの活動は学生のうちだからこそ経験できる素晴らしい活動です。その感動を一度味わってみてください。

また、自分たちで運営もするため、人との関わり方や社会とのつながりを学べる面もあります。最初は人見知りだった人が、4年間で大きく変われた、なんて卒業生もたくさんいます。 

Q いつ、どんな活動をしますか。

 

A 1年間通して様々な活動を楽しめます。

春と秋は小中学校から野外教育活動のお手伝いの依頼を受けて、県内外の施設に行き、子供たちのキャンプのお手伝いをしています。たくさんの子どもたちと触れ合う貴重な機会です。

夏はシーズンと呼ぶ活動をしています。県内の野外施設に泊まり込み、カウンセラー仲間とともにキャンプに来る利用者の方々のお手伝いをしています。

8月から9月上旬の予定をたくさんあけておくと、キャンプカウンセラーの醍醐味をたくさん味わえます。

冬にはアズワンのスキー教室のお手伝いに行くこともできます。

他にも、

・キャンプの企画(2023年度からは、ユースクエアと企画キャンプを年間数回共同開催予定)

・カウンセラーとしての研修会

・子どもを集めて行うプチ企画

他にも、大学生で集まって親睦を深める楽しい活動もたくさんあります。他大学の仲間と親交を深めます。

これまでの活動の様子はフォトギャラリーでご覧になれます。

また、大学生を中心に運営しているため、運営委員会を開き、自分たちの活動について考えます。

Q どうしたら、入れますか。

 

A 4月から行う新人対象のイベントや学校別の説明会に参加をしてください。

入会条件は年によって異なるので、詳しくはビラをご覧ください。イベントを通して、ACCAのことをよく知った上で、入会を考えてもらいたいと考えています。私たちのことをよく知り、ぜひACCAやキャンプカウンセラーの魅力を感じてもらいたいです。